幼犬の悩み

子犬をお迎えしたら ワクチン接種からお散歩デビューまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子犬 ワクチン 混合ワクチン接種

自宅に新しい家族として可愛い赤ちゃんわんちゃんをお迎えしたら幸せいっぱいになりますね。その幸せを守るためにも恐ろしい伝染病などにかからないように、また、致死率の高い伝染病を人や他のペットに感染させないためにもワクチンの接種は必要です。

でも、どんな種類のワクチンを何種類摂取したらよいのか、いつ摂取したらよいか、値段はいくらからなのか、副作用は?本当に効くの?など悩みは尽きないですよね。ペットを飼うのが初めての方は特に不安かと思います。

今日のブログは子犬にワクチンを注射するにあたって知っておいてほしいことを紹介します。ワクチンの接種は義務付けられているものもありますので、しっかり理解しておきましょう。

ワクチンの必要性

子犬 ワクチン 混合ワクチン接種

まず子犬をお家にお迎えしたときに大事なのが、その犬が生まれてから何日経っているかです。生後間もないころは母親からの母乳による移行免疫で病気にかかりにくい状態になっていますが、生後1か月から3か月くらいの間に徐々に免疫が低下し感染症に対しての防御力がなくなってきます。

また、3か月くらいまでは子犬の体内に母親由来の抗体が残っていますので、ワクチンを打ったとしても新たに抗体が作られずせっかく摂取したワクチンが無意味になってしまいます。そうなると大きくなった時に、抗体がなくなったままになってしまい感染病にかかりやすくなってしまいます。

そうならないためにも、世界小動物獣医師会の「犬と猫のワクチネーションガイドライン」の提唱するスケジュールに沿ってワクチンを接種するのが望ましいです。

狂犬病予防接種について

子犬 ワクチン 狂犬病予防接種

生後91日以上の子犬の飼い主には、毎年狂犬病の予防接種を受診することが狂犬病予防法で義務付けられています。

犬を飼う時は必ず自治体に登録するので、お住まいの市町村から4月~6月くらいに集団接種の案内が届きます。この予防接種を受けると注射済票が交付され、それをワンちゃんに装着しなければなりません。また、自治体に犬を飼ったことを登録すると鑑札と言う登録番号の入ったプレートももらえます。

鑑札と注射済票は自治体によって、異なります。ちなみに「ペットコミュニティサロンあしあと」のある茨城県潮来市は下の画像のような直径三センチくらいのプレートになります。

子犬のワクチン 潮来市の注射済票子犬のワクチン 潮来市の注射済票

これを首輪などに装着しておかなければなりません。登録された犬または狂犬病予防注射を摂取していることを証明するための標識であるとともに、万が一飼い犬が迷子になっても、装着されている鑑札から登録してある住所がわかり飼い主の元に戻ることができます。

ワクチンってどんな種類があるの?

子犬 ワクチン 何種類あるの?

ワクチンは「生ワクチン」と「不活性ワクチン」があります。生ワクチンとは弱毒株という病原性の極めて低い感染症のウイルスを投与するものです。効果は非常に高いですが、免疫力の低い状態で接種をしたり体質によってはその病気を発症してしまう可能性がわずかですがあります。

対して不活性ワクチンはウイルスの性質を全くゼロにしたものを用いていますので、発症の心配はありませんが生ワクチンに比べて抗体の持つ力は弱くなります。これは狂犬病ワクチンに用いられています。

現在犬用の混合ワクチン接種方法には以下よう種類があります。

  • 混合2種 ジステンパーとパルボウイルス感染症(4000円前後)
  • 混合3種 ジステンパーと伝染性肝炎、アデノウイルス2型感染症(5000円前後)
  • 混合4種 上記3種とパラインフルエンザ(約5,000〜6,000円)
  • 混合5種 上記4種とパルボウイルス感染症(6000円前後)
  • 混合6種 上記5種とコロナウイルス感染症(7000円前後)
  • 混合7種 上記5種とレプトスピラ感染症2種(8000円前後)
  • 混合8種 上記6種とレプトスピラ感染症2種(9000円前後)
  • 混合9種 上記6種とレプトスピラ感染症3種(約8,000円〜10,000円)
  • 混合10種 上記6種とレプトスピラ感染症4種(10000円前後)
  • 混合11種 上記6種とレプトスピラ感染症5種(11000円前後)

動物病院や製薬会社によって値段が異なります。

子犬の場合、体力や免疫力の状態によっては副作用を発症する可能性が高くなるので、接種についてかかりつけの動物病院で健康診断を受け、どのようなワクチン接種が適切か相談しましょう。

感染症の症状について

ワクチンで防がなければいけない感染症はどのような症状なのでしょうか?混合ワクチンの対象となっている感染症についてまとめてみましたので、参考にしてくださいね。

狂犬病
人にも感染し致死率はほぼ100%と言われる恐ろしい感染症で、ズーノーシス(人畜共通感染症)とも呼ばれています。感染するとウイルスは傷口などの柔らかい組織から神経細胞を通り脳へと移行します。潜伏期間は1か月~3か月、発症すると地面をひっかく、遠吠え、壁にぶつかるなど異常行動をし始め、末端よりマヒが始まり全身に広がり最終的には呼吸困難で死に至ります。

日本では狂犬病ワクチンの接種が義務付けられているので、発症例はほぼゼロですが、世界的には毎年55000人以上の人が亡くなっています。海外に行った際には動物との接触には気を付けましょう

犬ジステンパー
麻疹ウイルスから分化したものでイヌ科の動物に特に強い感染力を持ちます。感染後3日から5日で発熱し見た目では分からないですがリンパ系で壊死が起き白血球数が低下します。一旦は熱が引きますが数日後再び発熱し一週間以上続きます。ウイルスが全身に広がってくると結膜炎、鼻水、激しい咳、血便、下痢などの症状が出てきます。末期には神経系が侵され麻痺や痙攣などで死に至ります。致死率は90%と非常に高いです。キャリア犬の涎や鼻水等で飛沫感染します。

伝染性肝炎

子犬 ワクチン 発熱
犬アデノウイルス1感染を原因とする肝炎で1歳以下の幼犬で致死率が高いです。成犬になると不顕性感染になることが多く症状が分かりにくいのも特徴です。子犬多い症状で劇症型になると発症から12~24時間で死亡する例が多い。急激な腹痛から発熱し、吐血や嘔吐、血便を伴う下痢を起こします。

重症な場合は、徐々に元気がなくなり40度を超える発熱が4日くらい続き食欲不振、下痢、腹痛、喉の腫れ、目の充血などの症状が出ます。7日くらい症状が続き回復期を迎えると急速に回復することが多い。

アデノウイルス2型感染症
乾いた咳が続くようになりケンネルコフと呼ばれる感染症の一種です。喉頭気管炎で風邪のような症状が特徴です。咳やくしゃみ、排せつ物などからの飛沫感染があります。単体では風邪と同じなので致死率はごく低いですが、他の感染症と混合感染した場合は症状が重くなり命の危険があることもありますので、早めの対処が重要です。

パルボウイルス感染症
パルボウイルスはアルコールなどでの殺菌が難しく、様々な環境で長期間不活性にならず存在できるので、世界中で蔓延しています。しかし、そのため多くの犬が耐性を持ってしまい保菌しているが症状に出ないことが多いです。感染した犬全体のうち発病するのは20%以下で,死亡率は1-5%以下とされています。食欲不振、嘔吐、下痢、発熱などの症状が出るが、軽症の場合1日~2日で自然治癒することが多いです。下痢や嘔吐が続く場合は危険なので病院で適切な治療を受けましょう。中程度の症状であれば5日くらいで回復します。

コロナウイルス感染症
消化管に感染し、下痢や嘔吐の症状がでます。体力のない子犬で症状がでることが多く、パルボウイルスとの混合感染しやすく重症になることがあります。便はオレンジ色をおびた粥状で悪臭を放ち、血便となることもあります。便が感染源になるので、処理は速やかに行いましょう。

パラインフルエンザ
呼吸器系に感染するウイルスで、アデノウイルス2型感染症と同様風邪のような症状を起こします。気づきにくいが他のウイルスや細菌などの病原体と混合感染すると症状が重くなります。症状が激しい場合には咳止めや二次感染予防のために抗生物質の投与があります。また、体力回復のために点滴や栄養剤の投与することもあります。

レプトスピラ感染症
ネズミなどのげっ歯類や牛、馬、豚などの家畜、ダニやノミの寄生虫の「尿」が感染源になり土壌や水を数週間にわたり汚染します。症状は急性の発熱、頭痛を伴う風邪のような症状の軽いものから、肝障害、黄疸、出血、腎障害など重症になることもあります。都市部でも発症例が多数あることに加え、人間にも感染し、ワイル病、秋疫と呼ばれ。お住まいの地域で発生が確認された場合には発生状況などに関しては、獣医師に確認するとよいです。

 

ワクチンの副作用について

子犬 ワクチン 副作用について勉強中の犬

ワクチンの接種については様々な議論が行われています。病気の原因となるウイルスを体の中に投与するわけですから、それ自体に抵抗を感じる飼い主もいらっしゃるかと思います。しかし、ワクチンは子犬の命を守る大事なものですので、しっかり摂取した方が良いです。

ですが、混合ワクチンは複数の病原性ウイルスなどを混ぜているため、思わぬ副作用が起こることも考えられ、人間と同じようなアレルギー反応を起こすことがまれにあります。

その主な症状は以下の通りです。

混合ワクチン接種で起こりうるアレルギー反応

アナフィラキシーショック
最も重篤な反応で、血圧の急激な低下、痙攣、呼吸困難、嘔吐、湿疹などの症状がみられます。最悪の場合死に至ります。この場合は発症が数分から30分以内に起こるので病院内で起こることが多いですが、帰路についている場合すぐに動物病院に連れて行って適切な処置を受けましょう。

アレルギー反応
摂取後2日以内に起こることが多く、ひどく浮腫んだり発疹ができたり、かゆみを感じる場合もあります。ムーンフェイスと言われる顔面浮腫も起こりうる反応のひとつです。この場合も動物病院にすぐ連れていきましょう。

接種部位にしこり
1週間後くらいに、稀に摂取部位に固くしこりの様なものができますが、時間経過ともに小さくなります。場合によっては消失します。赤く腫れあがる、痛がる、痒がるなどの症状がみられない場合は特に対処は必要ないですが、気になる場合には相談しましょう。

倦怠感や食欲不振
ワクチンは免疫系を刺激するので、もともと体調不良だったり免疫力が低い場合には元気がなくなったり食欲がなくなったりする症状が出ることもあります。また、免疫が過剰に反応し一時的な発熱をする場合もあります。2日経っても症状が回復しないときは病院に連れていきましょう。

副作用についてのまとめ

副作用が起こる確率は0.001%~0.5%程度とされています。副作用は怖いですが起こるかどうかは残念ながら予測出来ません。傾向としては大型犬よりも小型犬の方が起こりやすいと言われて、特にダックスフンドはアレルギー反応の起き易い犬種とされています。ワクチンの接種後は安静にして、経過観察が必要になります。

しかし、副作用を恐れて摂取しないと命に関わる重篤な感染病にかかる可能性が非常に高くなります。せっかく迎えた新しい命ですから、いつまでも一緒に健康でいられるように病気から守ってあげましょう。

子犬がお散歩するまでのスケジュール

子犬 ワクチン 散歩デビュー

記事の最初の方でも書きましたが、世界小動物獣医師会の「犬と猫のワクチネーションガイドライン」というものがあり、母親からもらった免疫が低下するのに合わせてワクチン接種する期間の目安を提唱しています。

母犬の初乳でもらった移行抗体は生後6〜8週目で薄れ始めてくるので1回目のコアワクチン接種を行い、その後、免疫を強化するために、生後16週以降までに2〜4週間隔での追加接種を行う「3回接種」が推奨されています。

ここで重要なことは、子犬を迎える際に必ず行ってほしいことは、生後何日であるかと、予防接種の状態について確認してください。ご自身が予防接種に連れていく際の情報になります。

また、子犬の体力の状態や体格なども大事ですので、以上の情報をまとめて動物病院で相談しワクチンの接種計画を立てましょう。

しっかりワクチンプログラムを最後までこなしたらお散歩デビューです。子犬の母犬からもらった免疫価の強さや1回目のワクチン接種の時期によっては2回目でお散歩に連れて行っても大丈夫と判断することもあります。

このあたりの判断は、獣医師さんと密にコミュニケーションを取って判断してもらいましょう。

 

ワクチン接種からお散歩OKまでのまとめ

子犬 ワクチン 元気に走り回る犬

ワクチン接種は恐ろしい病気から大事なわんちゃんを守るための重要なイベントです。日本では伝染病の被害は少なくぴんと来ないかもしれませんが、世界的に見れば犬の重篤な伝染病は猛威を振るっている地域は少なくないです。伝染病へのリスク対策はしっかり行いましょう。

混合ワクチンの接種は2種類から11種類まであるので、どれを受けたらよいか分からないと思います。基本的には健康診断を受けて獣医師さんが状態をみて判断してくれますので、子犬を迎え入れたらワクチンの接種について相談しに行きましょう。

うっかり受け忘れた、と言う方も多いようですので手帳やカレンダーなどにしっかり記入しておくのも受け忘れないためのポイントです。

子犬は母親から離れ、頼れるのは飼い主であるあなただけですからしっかり守ってあげましょう。

コメントを残す

*